1日8,000アクセスの国内最大シトリックスコミュニティ

新規トピック作成

  • タイトル
  • ニックネーム
  • メール
  • 本文

記事を 件ずつ表示しています。

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  11. >

エクセル印刷時に改ページが大量に分割されてしまう

men 2019/03/04 12:45:46

表題の件ですが、XenAPPサーバーはwindowsServer2016をインストールし、
公開デスクトップとして複数のユーザーがXenAPPサーバーに接続しているという環境です。
※ユーザー側の接続元の端末はwindows10のLTSBモデルです。
※VDAのバージョンは7.18です。

この際に、特定の端末から公開デスクトップに接続してエクセルを開こうとすると、
プリンターにアクセス中です という表示が何度もされたうえで開くまでに異様に時間がかかり、
やっと表示されたかとおもったら、本来印刷時には1枚に収まるはずが、
改ページが複数設定されて、セルごとにこまぎれに印刷されてしまうという現象がおきております。

特定の端末のため、端末側のプリンタドライバが原因かとおもい、ドライバの入れ直し。
DNS変更などためしましたが症状の原因すら特定できずに苦慮しております。
どなたか解決に向けてお知恵を拝借いただけませんでしょうか?

s 2019/03/05 13:09:11

原因が発生する状況を手を抜かずに切り分けましょう
試せる対処は山のようにあります


問題の接続元デバイスにログオンしているユーザーアカウントを変更すると
症状は変わりますか?変わりませんか?

問題の接続元デバイスから、XenAppに接続する際のユーザーアカウントは
常に固定ですか?
つまり、問題の接続元デバイスから、XenAppサーバーにログオンする
ユーザーアカウントを変更すると症状は変わりますか?変わりませんか?

問題の接続元デバイスから、XenAppに接続する際のユーザーアカウントが
固定ならば、そのユーザーアカウントで異なる接続元デバイスから
アクセスする際には症状は変わりますか?変わりませんか?

XenAppサーバー上の問題となっているユーザーの
ユーザープロファイルを削除して再作成しても現象は再発しますか?

Receiverを使わず、リモートデスクトップ接続でもその症状はでますか?

Citrix ReceiverをCleanUp Toolでアンインストールして
インストールしなおすといった処置は試されましたか?

Citrixポリシーが全く掛らない状態でもその症状はでますか?


etc etc

men 2019/03/06 15:52:42

S様、ご連絡ありがとうございます。
いくつかご提示頂いてますのでお答えいたします。

問題の接続元デバイスにログオンしているユーザーアカウントを変更すると
症状は変わりますか?変わりませんか?
→変わらず発生する。

問題の接続元デバイスから、XenAppに接続する際のユーザーアカウントは
常に固定ですか?
つまり、問題の接続元デバイスから、XenAppサーバーにログオンする
ユーザーアカウントを変更すると症状は変わりますか?変わりませんか?
→色々なユーザーで試すが、変わらず

XenAppサーバー上の問題となっているユーザーの
ユーザープロファイルを削除して再作成しても現象は再発しますか?
→これはまだ試したことがないので、確認したいとおもいます

Receiverを使わず、リモートデスクトップ接続でもその症状はでますか?
→公開デスクトップのため、リモートが難しいです。

Citrix ReceiverをCleanUp Toolでアンインストールして
インストールしなおすといった処置は試されましたか?
→こちらも試したことがないので、確認します。

Citrixポリシーが全く掛らない状態でもその症状はでますか?
→こちらも試したことがないので、確認します。

色々ありがとうございます。
まだ確認してない点をためしてみます

men 2019/03/11 17:19:25

S様、先日ご提示いただいた切り分けの中で、
未施工のものがありましたが、そちらを実行した結果をご連絡いたします。

XenAppサーバー上の問題となっているユーザーの
ユーザープロファイルを削除して再作成しても現象は再発しますか?
→ユーザープロファイルを再作成したが、現象は再発する

Citrix ReceiverをCleanUp Toolでアンインストールして
インストールしなおすといった処置は試されましたか?
→変わらず

Citrixポリシーが全く掛らない状態でもその症状はでますか?
→変わらず

といった状況です。エクセル自体の不具合やネットワークプリンタでのみ再現するため、NWの速度や帯域も疑いましたが現状としてはまだ原因すら特定できておりません
上記へのレスはこちらにどうぞ
  • ニックネーム
  • メール
  • 本文

Receiver for Webサイトの設定について

SF 2019/02/27 17:29:48

Receiver for Webの以下の設定項目についてご教示頂けないでしょうか。

Receiver for Webサイトの取得したショートカットURLを使用してユーザからアクセスさせることを考えております。
その場合、Receiver for Webの設定で「Webサイトのショートカット」-「リソースのショートカットをホストするWebサイトのURLを追加します」に設定するURLは社内ポータルサイトを公開しているサーバのURL(http://ホスト名(FQDN):port)で問題ありませんでしょうか。

検証で実施した結果、上記URLに適当なURLを設定しても動作上影響が見えないため、質問させて頂きました。確認方法が間違えている可能性もあるため、教えていただけると助かります。

s 2019/02/28 10:26:39

2つ下(2019/02/26 12:15:33)言い方を変えただけで全く同じ質問がありますが
同じ方ですか?
だとしたらあんまりお行儀よくないですが……万一違う方なら失礼

リソース を直接起動させるショートカットを作成する手順は
その手順で公式のガイドに書いてあるとおりなので問題ありません

リソースのショートカットをホストするWebサイトのURLを追加する
意味については下のURLの「リソースのショートカット」の所に書いてあります
https://docs.citrix.com/ja-jp/storefront/current-release/plan/user-access-options.html

SF 2019/02/28 13:36:40

s様

ご回答頂きありがとうございます。

>2つ下(2019/02/26 12:15:33)言い方を変えただけで全く同じ質問がありますが
>同じ方ですか?
>だとしたらあんまりお行儀よくないですが……万一違う方なら失礼


2つ下の方とは別の者となります。
2つ下の質問と類似していることはわかっておりましたが、回答がなかったため記載させて頂きました。申し訳ありません。

記載頂いたURLにてリソースのショートカットの設定の意味が理解できました。
ありがとうございました。
上記へのレスはこちらにどうぞ
  • ニックネーム
  • メール
  • 本文

Citrix Studioによるサイトの作成時のハイパーバイザ接続(AWS)

Kさわ 2019/02/27 10:50:51

現在、既存システムの移行環境の構築をしているのですが、下記問題が発生して先に進むことができません。
原因や対処法などお分かりの方いらっしゃいましたらご教示いただけると幸いです。

【環境】
Windows Server 2012 Standard R2
Citrix XenDesktop 7.6 LSTR CU1
※StoreFront,ライセンスサーバー,SQL Serverは別ノードに配置

【事象】
Studioでサイトの作成を行う工程で、ハイパーバイザ(AWS)との接続に失敗する。

ケース① 種類:Amazon EC2を選択して設定

<APIキー>既存環境で動作済みキー
<秘密キー>既存環境で動作済みキー

******************************************************
「接続先がみつからない」旨のメッセージが出力される。

******************************************************

ケース② 種類:クラウドを選択して設定

<接続先>ec2のURLを指定 ※
<APIキー>既存環境で動作済みキー
<秘密キー>既存環境で動作済みキー

******************************************************
SSLエラーが発生したためハイパーバイザーに接続できません。
SSLの一部の詳細情報を検証できません。
******************************************************

※URLはHTTPSでブラウザ接続可能な環境
上記へのレスはこちらにどうぞ
  • ニックネーム
  • メール
  • 本文

XenApp 7.15 LTSR でのドライブマッピング

りんこ 2019/02/25 15:56:03

下記のXenApp環境を新たに構築し、ドライブマッピングの設定をしました。
【XenApp環境】
 Windows Server 2016 Standard
 XenApp 7.15 LTSR
 ドライブ:C、E
【設定手順】
 ①レジストリエディタより「HKEY_LOCAL_MACHINESOFTWARECtrix」に移動し、
  「Citrix」を右クリック→新規→キーをクリックして名前を「UncLinks」に設定。
 ②「UncLinks」を選択→右側を右クリック→新規→DWORD(32ビット)値を
  クリックして名前を「UNCEnabled」に変更。
  値は初期値(0)にしておく。

以前の環境(*)でドライブマッピングを設定した時、
クライアントPC(C、D)で表示されるドライブは
 クライアントのCドライブ:Vドライブ
 クライアントのDドライブ:Uドライブ
と表示されていたのですが、
新環境では
 クライアントのCドライブ:Vドライブ
 クライアントのDドライブ:Dドライブ
のように「D」ドライブはそのまま「D」で表示されるようになりました。

【(*)以前のXenApp環境】
 Windows Server 2008R2 Standard
 XenApp 6.5
 ドライブ:C、E

またクライアントPCからファイルを保存する際に「U:」を入力すると、
「Eドライブにアクセスできない」旨のメッセージが出ます。


察するに以前は
 ・クライアントの「C」ドライブは「V」ドライブに、
  「D」ドライブは「U」ドライブに強制マッピングされる。
現在は
 ・クライアントの「C」ドライブはXenAppサーバーに「C」ドライブが存在するため、
  「V」ドライブにマッピング。
 ・クライアントの「D」ドライブはXenAppサーバーに「D」ドライブ存在しないため、
  そのまま「D」ドライブにマッピング。
 ・XenAppサーバーは「E」ドライブがあるためクライアントの「E」ドライブは「U」になるが、
  接続しているクライアントに「E」ドライブが無いためアクセス拒否のメッセージを表示。
のようなマッピングをしていると思われますが、
調べてもそのような記載が見つかりません。

新環境で以前と同様に
 ・クライアントの「C」ドライブは「V」ドライブに、
  「D」ドライブは「U」ドライブに強制マッピングされる。
ようにする方法はあるのでしょうか?

s 2019/02/26 11:10:50

動作については推測されている通りです。
その仕様は、こちらに記載されています
https://docs.citrix.com/ja-jp/receiver/windows/current-release/optimize/map-client-devices.html

ご認識の通り、そのレジストリを使用した場合などには
リダイレクトされるユーザクライアントのローカルドライブレターと
サーバーのローカルドライブレターが競合する場合がありえます。

この競合が生じた際、セッション上リダイレクトされたドライブに割り当てる
代替ドライブレターというものが、サーバーにVDAをインストールする時に
あらかじめ定義されています。

上のURLに記載がありますが、
>仮想デスクトップやアプリケーションをホストするサーバーに
>XenDesktopまたはXenAppをインストールするときに、
>クライアントドライブが自動的にマップされるサーバーの
>ドライブ文字のセットを設定できます。
>デフォルトでは、インストール時に、個々のハードディスク
>およびCDドライブに1文字ずつ、Vからのアルファベットで
>未使用のドライブ文字がマップされます

ご質問の環境では、サーバーにVDAをインストールする際、
「Cドライブ」に対して「(V:)」
「Eドライブ」に対して「(U:)」というマッピングが生成されます。
サーバー側に「Dドライブ」が存在しないため、
Dドライブに対しては代替マップが生成されません。

よって、リダイレクトされたユーザクライアントのローカルDドライブは
そのままセッション上でも「Dドライブ」になります。

以前のXenApp環境にDドライブが存在しなかったのであれば
現在と同じ挙動になるはずではあるのですが過去を見てもまぁ仕方がないので

解決方法としては、CDドライブでも小さなローカルドライブでもいいので
サーバー上にDドライブが存在している状態で
VDAをインストールしなおすことだと思います


以下余談
C→D→E というドライブに対して、V→U→T
と言うように、アルファベット逆順に代替マップが生成されるのは
単に「仕様」です
日本語翻訳版のDocumentでは省略されてたりしますが
英語版のDocumentではちゃんと「Vから逆順」と書いてあったりします

りんこ 2019/02/26 15:17:00

sさん、ありがとうございます。
理屈は理解できました。

下記、もしご存知でしたら教えてください。
(的外れな質問があるかもしれませんが、まだ知らないことがあること、
 英文が読めないことが大きな壁となっております)

> この競合が生じた際、セッション上リダイレクトされたドライブに割り当てる
> 代替ドライブレターというものが、サーバーにVDAをインストールする時に
> あらかじめ定義されています。
レジストリを設定してもVDAインストール時の定義が優先されるのでしょうか?

> その仕様は、こちらに記載されています
ここの記載は「Citrix Receiver for Windows 4.12」の内容ですが、
マッピングの仕様はXenApp(VDA)になるのでしょうか?

> 解決方法としては、CDドライブでも小さなローカルドライブでもいいので
> サーバー上にDドライブが存在している状態で
> VDAをインストールしなおすことだと思います
VDAの再インストールは
①「コントロールパネル」-「プログラムのアンインストール」
 -「Citrix 7.15 LTSR - Virtual Delivery Agent」をアンインストール。
②最初にVDAをインストールした手順と同じ手順でインストール。
③VDAインストール以降に実施した作業を再確認し、
 必要に応じて作業を再実施。
でいいでしょうか?
アンインストール・インストール作業の前後で何かしておくべき作業は
ありますでしょうか?

s 2019/02/26 17:12:23

簡単に言えば「UNCEnabled」というレジストリは

ユーザクライアントのローカルドライブを
仮想デスクトップ/アプリセッション上にリダイレクトさせる場合
ローカルと同じドライブレターが付けるようにする

という設定です(デフォルトだとそもそもドライブレターが付かないので)

そのように動いてほしいと設定したとしても、競合が生じる様であれば
サーバー(VDA)側による競合回避処理が優先されます


このドライブレターの仕様が、Receiverの仕様なのか
XenApp(VDA)の仕様なのかと言われれば
どちらかと言えばVDA側の仕様だと思いますが
両方合わせて、Citrix XenApp/XenDesktopの仕様です


VDAの再インストールは仰るように、普通にコンパネのプログラムの
一覧からアンインストールして、新規インストールの要領で
普通にインストールしなおしで良いです
アンインストール後に再起動ぐらいは挟んだ方が気持ちよいですけども

前後の作業として、コレしておかないと死ぬとか壊れるとかは概ねないですが
当然、一時的にユーザーはサーバーに接続できない状態になるわけなので
その旨(サービス提供中止)のアナウンスは必要ですし、
Studioから当該サーバーのメンテナンスモードを有効にしておく、
などが望ましいでしょう

デリバリーグループから削除、マシンカタログから削除、とかまでは
別にしなくても良いです。してもいいけど。

りんこ 2019/02/26 18:39:35

sさん、分かりやすい説明いただきありがとうございます。

レジストリを設定すると「C → V」「D → U」にマッピングする、
としていた私の間違いが分かりました。
仕様が理解できたことで今後に生かすことができます。

VDAの再インストールはサービス提供中止が必須になりますので、
現状と今後のことを踏まえて慎重に検討します。


> 両方合わせて、Citrix XenApp/XenDesktopの仕様です
そのとおりですね。愚問でした。


細かいところまでご指示いただき、
本当にありがとうございました。
上記へのレスはこちらにどうぞ
  • ニックネーム
  • メール
  • 本文

Webサイトのショートカットについて

TK 2019/02/26 12:15:33

XenApp 7.18環境のStoreFrontでWebページにリソースのショットカットを作成したいと考えております。
リソースのショットカットをホストするWebサイトのURLについては、社内ポータルサイトを公開しているWebサーバのFQDNを設定する予定です。

リソースのショットカットをホストするWebサイトのURLについて質問させて頂きます。

Receiver for Webサイトからショートカットを取得したURLを社内ポータルに埋め込んだ場合、リソースのショットカットをホストするWebサイトのURLがどのようなURLであっても公開アプリケーションの動作が同じなのですが、リソースのショットカットをホストするWebサイトのURLの設定についてはどのような影響をもたらすのでしょうか。
上記へのレスはこちらにどうぞ
  • ニックネーム
  • メール
  • 本文

Citrix Gatewayを介したICA Proxy接続でのVDI起動要求時エラー

S 2019/01/24 11:39:24

とてもシンプルなCitrix Gatewayを介したICA接続によるXenDesktop環境へアクセスする構成を構築中ですが、掲題の内容でエラーとなっています。
手詰まり状態で、どなたか助言頂けないでしょうか。

■製品概要
Citrix XenApp and XenDesktop 7.15 LTSR CU3(VDA含む)
Citrix ADC VPX 12.1 build 50.28
Citrix Workspace app 1812 for Windows

■環境概要
Microsoft Azure IaaS環境にて、XenDesktopとCitirx ADCを構築しています。
Citrix Workspace appがインストールされ、自己署名ルート証明書がインポートされたクライアント端末からインターネットを介して、Microsoft Azure環境に構築されたCitrix ADCへアクセスし、同環境に構築されたXenDesktop環境のVDIにICA Proxy接続をする構成です。認証方式はLDAP認証のみ。

■事象内容
VDIリソースが一覧表示されているストア画面(Citrix ADCへのログオン、StoreFrontへのパススルー成功後のStoreFront画面)にて、ログオンしたユーザーアカウントに紐づけれられたVDIリソースのアイコンをクリックし、起動要求をかけた後、ICAファイルを使用して、VDIへ接続する。
OSログオン画面が表示される前のVDI接続中の画面(Citrixが提供している画面)にて、エラーメッセージが2つ表示され、接続は中止される。
エラーメッセージ①
「サーバーに接続できません。次のエラーについて、システム管理者に連絡してください: SSLエラー61:サーバーのセキュリティ証明書の発行者である"<接続URLのFQDN>"をまだ信頼していません。」
エラーメッセージ②
「"<リソース名>"への接続に失敗しました。状態:不明なクライアント エラー0」

■切り分け/対応内容と結果
・接続方法
社外接続でのICA接続:本事象内容と同事象
社内接続でのICA接続:VDIが正常起動

・Citrix Workspace appのバージョンの最新化
製品概要に記載したバージョンをインストールして実施:本事象内容と同事象

・接続端末の変更(アンチウイルスソフトの影響確認)
4台の端末で実施(業務PC2台とプライベートPC1台と同ネットワーク上の仮想マシン1台のため、ソフトや環境が全く違います):本事象内容と同事象

・自己署名証明書の再発行
ルート証明書、サーバー証明書の再発行、チェーン更新、端末へのルート証明書のインポート:本障害内容と同事象
※RSA、鍵長2048bit、FQDN、証明書情報

・STAの設定確認、ステータス確認
STAサーバーはIPアドレス指定(名前解決の確認不要)、Auth IDは正常取得、STA StatusはUP

・ブラウザの変更
IE,Chrome:本事象内容と同事象

・Citrix ADCの再構築
同じバージョン、VM構成、ネットワーク構成、ADC設定で2度再構築:本事象内容と同事象

・VDA端末の再起動
2回実施:本事象内容と同事象

・Citrix Studio上のVDA登録状況
登録済み、電源状態もパワーオンのため正常と見える

・イベントログ
Windows-システムで「エラーID:10016」が出力される。

s 2019/01/30 15:18:24

証明書関連で何か根本的な勘違いかポカをしていると思って良いでしょう。

基本的に、下のナレッジに記載のある通りで
必要/適切なCAルート証明書がクライアント側に入ってないことであったり
ADC VPXのDNSによる名前解決に問題がある場合などが殆どという印象です。
https://support.citrix.com/article/CTX105254

あまり参考になる回答でもないと思いますがご参考まで……。

しげっち 2019/02/01 11:45:15

NetScaler側でVIPに割り当てているサーバ証明書ですが、GigiCert等の認証局より発行されたサーバ証明書でしょうか。
それともプライベート認証局より発行された証明書でしょうか。
後者の証明書であればプライベート認証局のルート証明書を接続元のクライアントで「信頼されたルート証明機関」へ
登録する必要があります。前者の場合でも、中間証明書が必要なサーバ証明書であればNetScaler側への登録と、
中間証明書へのリンクを設定する必要があります。

Citrixでは、証明書に関するエラーの技術情報が公開されていますので合わせてご確認ください。

Error: "SSL Error 61: You have not chosen to trust 'Certificate Authority'..." on Receiver for Windows
https://support.citrix.com/article/CTX101990
上記へのレスはこちらにどうぞ
  • ニックネーム
  • メール
  • 本文

officeソフトの言語入力

hrokeik 2019/01/27 13:56:43

【環境】
Citrixサーバー上:WIN10
client: Cirtix Receiver on macHigh Sierra
keyboard: us keyboard
input Source: Japanese (Romaji/Hiragana)

【相談】
citrix上のofficeソフトで言語切り替えがうまくいきません。
ブラウザ(chromeなど)ではRomajiにすることで、アルファベット入力となるのですが、officeソフトだとHiraganaでなされる入力と同じ入力しかされません。半角アルファベットがうちたいです。。。。
言語バーの「入力モード」で半角英数を選ぶとできないこともないのですが、煩わしく・・・切り替えをスムーズにするためには何か追加設定が必要でしょうか。

(Input Sourcesで EnglishのABCを足してみましたがそれでもダメでした)
上記へのレスはこちらにどうぞ
  • ニックネーム
  • メール
  • 本文

XenServer6.0.2の延長ライセンスについて

sin 2019/01/10 16:14:34

今回質問させていただきたいのは、XenServer延長ライセンスに関する内容です。

https://activate.vmd.citrix.com/
上記サイトで延長ライセンスの提供をしておりますが、こちらのサイトは2019年3月でサービス終了になる予定かと思います。

私はサーバー管理初心者のため、現在学習用にXenServer6.0.2を使用しております。
仕事でもXenServer6.0.2の環境を使用しており、更新切れに備えた移行や対策法を検討しております。
ついては、この環境がどこまで使用できるか、ライセンス切れの際にどのようなことが起こるかを知りたいと考えております。

要点としましては、
●3月中に延長ライセンスを取得すれば、6月ごろまで6.0.2の環境を維持して使用できるのか?
●もしライセンスが切れた状態で6.0.2のサーバーを停止・再起動した場合、サーバーは起動できなくなってしまうのか?
●ライセンス切れのサーバー上で稼働している仮想マシンは、使用できなくなってしまうのか?

上記についてご存知の方や、アナウンスなどお分かりになればご教授ください。
拙い質問で申し訳ありませんが、何卒宜しくお願い致します。

とみっち 2019/01/16 18:14:39

ライセンスが切れますと仮想マシンが起動できなくなります。仮想マシンが起動中のままの状態でライセンスが切れた場合は起動したまま利用し続けることができますが、再起動するタイミングで起動できなくなります。

sin 2019/01/23 11:07:55

とみっち様

レスありがとうございます。
やはり再起動した段階で停止してしまうのですね。
早急に移行や更新などを検討したいと思います。
上記へのレスはこちらにどうぞ
  • ニックネーム
  • メール
  • 本文

Citirix Desktop Viewerが起動しない

TT 2019/01/08 11:22:33

現在、外部環境をCitrix上で操作しています。昨日までCitrix Desktop Viewer上で操作出来ていたのですが、本日より急にViewerが立ち上がらず、別ブラウザで立ち上がるようになりました。スピードも遅く、文字もかなり粗いです。Desktop Viewerが無効化しているのか?と考えていますが、解決方法をご教示いただけないでしょうか?宜しくお願い致します。

とみっち 2019/01/16 18:32:18

Desktop Viewerの表示・非表示はStoreFront側で行います。

>>別ブラウザで立ち上がるようになりました。
>>スピードも遅く、文字もかなり粗いです。

上2点が解決するかはわかりませんが、まずはDesktop Viewerが非表示に
なっていないか確認してもらえればと思います。

https://support.citrix.com/article/CTX209468

上記へのレスはこちらにどうぞ
  • ニックネーム
  • メール
  • 本文

OSログイン前までにSSL-VPNを張り、インターネット経由でセンター内のリソースにアクセスする方法。

pee 2018/12/13 17:39:55

[要件]
 ・外出時に自宅PCまたは持出しPCを使って、センター内のリソースにアクセスします。
 ・センター内のリソースへのアクセスの入口は、NetscalerのSSL-VPNを使用します。
 ・接続元となる媒体は、Windows to Goを格納したUSB(Win10)で、
  それを対象の職員に渡し、外で使ってもらいます。
 ・接続元のWindowsにはクライアント証明書を格納しておき、SSL-VPNの認証の際に使用します。
 ・接続元のWindowsはセンター内のドメインに参加します。
 ・OSログイン前までにSSL-VPNを張ります。(必須要件)

上記を踏まえ、以下のログインフローを考えています。

1.USB接続
 ↓
2.Windows to GoでOS起動
 ↓
3.起動スクリプトを使い、クライアント証明書でSSL-VPNを張る。
 ↓
4.OSログインは、センター内のADを使ったWindows認証でログイン


こんな動きって、実現可能でしょうか?

Full VPNでもGateWayでもICA Proxyでもなんでもいいので、
実現できるかどうか、またどんな起動スクリプトを使えばよいかご教示願います。

[自分で調べてこれならいけるかもと思っていること。]
 ・起動スクリプトはタスクスケジューラを使用して
  「コンピュータの起動時」に仕込んでおいたバッチを実行させる。
 ・バッチの内容は「rasdial.exe <VPN接続名>」を実行させる。
  (または「rasphone.exe -h <VPN接続名>」でショートカット作成して起動時に実行でいけるか?)
 ・クライアント証明書は格納しておく。

これで実現可能か、よろしくお願いします。

とみっち 2019/01/16 18:26:55

Netscalerの探索にはHOSTSを使用しドメインコントローラの探索にはDNSを使用することで理屈上はなんだかイケそうな気がします。

端末起動とVPN確立のタイミングによっては、ローカルキャッシュで端末ログオンされその後VPNが確立することでドメインコントローラと通信することになります。一般的なドメイン認証が必要なシステムは(ファイルサーバとか)は問題ないかと推測されます。
上記へのレスはこちらにどうぞ
  • ニックネーム
  • メール
  • 本文