ディスクロージャーポリシー

ディスクロージャーポリシー

1.ディスクロージャーの基本方針

当社は、株主・投資家をはじめとする全てのステークホルダーの皆様に、当社の経営方針、事業活動状況、財務情報等に関する情報を分かりやすく公平かつ適時・適切に提供することを基本方針としてIR(Investor Relations)活動を実践いたします。

2.情報開示の基準

当社は、金融商品取引法並びに福岡証券取引所の規則等に基づく適時開示を行ってまいります。また、金融商品取引法並びに福岡証券取引所の規則等に規定されていない情報についても、投資家の皆様に有用と判断されるものについては、積極的に開示し、経営の透明性、企業情報伝達への配慮を高めてまいります。

3.情報開示の方法

当社は、TDnet(Timely Disclosure network:適時開示情報伝達システム)、EDINET(Electronic Disclosure for Investors' NETwork:金融商品取引法に基づく有価証券報告書等の開示書類に関する電子開示システム)において開示した後、できる限り速やかに、当社ホームページに掲載いたします。

上記以外の情報については、その重要度に応じて、適宜、プレスリリースの配信や当社ホームページへの掲載等によって開示いたします。

4.将来の見通しについて

当社が開示する情報の中には、将来の予測に関する事項が含まれている場合があります。このような将来情報に関しては、過去または現在の事実に関するもの以外は、一定の前提の下で作成したものであり、経済動向・業界動向・為替レート等に関するリスクや不確実な要素を含んでおりますので、実際の業績等が当初の見通しと異なる結果となる場合もあります。従いまして、当社の業績、企業価値を検討するに当たってはこれらの情報に全面的に依拠されないようお願いいたします。

5.沈黙期間

当社は決算期に開示する決算情報の漏洩防止のため、各四半期末日より決算発表までを沈黙期間とし、決算に関するコメントや質問への回答を控えることとしております。

ただし、沈黙期間中でも、公表済みの業績予想と大きく乖離する見込みが生じた場合には、開示に関する法令・規則に基づき、適時開示することといたします。