イベント活用例

イベント事例

ヤフオクドームキッズチャレンジ

開催場所:福岡県福岡市
開催期間:2018年4月28日~5月3日【6日間】
期間人数:3,488名
期間売上:1,744,000円 ※単価500円
設置タイプ:4D王ギャロップ25名型

GW限定のテレビ局(福岡)主催のイベント。
入場者は入場料を支払い11枚綴りチケットを購入して入場。
小学生低学年以下を対象にしたキッズ向けイベントであったが、回転率の良さと映像関係のアトランクションが無かったのも要因となり、連日大人気。
コンテンツは幼児でも解かり易いのか「リトルダイナ」が好評だった。

テレビ朝日・六本木ヒルズ夏祭り

開催場所:東京都港区六本木 テレビ朝日本社1F
開催期間:2016年7月16日(土)~8月28日(日)【44日間】
期間人数:50,933名
設置タイプ:4D王25名型

夏休み限定のテレビ局(東京)主催のイベント。
入場者は全エリアに行ける1dayチケットを購入して入場。
テレビ番組とタイアップしたオリジナルコンテンツを上映。
1dayパスポートと回転率の良さで8月はほぼ毎日フル稼働。全国ネットのテレビ番組にて宣伝。
また、その人気テレビ番組とのタイアップしたオリジナルコンテンツも成功の要因。
立体的な外装を採用し他アトラクションとの差別化を計った。上映時間3分半のため回転率は高い。

イオンタウン姶良

開催場所:鹿児島県姶良市
開催期間:2017年7月29日~8月31日【34日間】
期間人数:6,506名
期間売上:3,253,000円 ※単価500円
設置タイプ:4D王ギャロップ25名型

夏休み途中からの設置にもかかわらず、大人気。
その戦略は、壁に『衝撃のVR ゆうれい館』という 装飾を施し、ホラーコンテンツだけという割り切りで営業に踏み切った。

藤田恵名"凱旋"ライヴ

開催場所:福岡県福岡市中央区港3-4-25 Factory Unvelashu(ファクトリー アンベラシュウ)
開催日:2018年6月30日(土)
設置タイプ:4D王ギャロップクリスタル 16名型

当社主催の音楽イベント。
4D王のために書き下ろされた楽曲「焦燥、脈打つ檻の中」のライヴパフォーマンスと4D王のために作り上げた360°全周に3D展開する新感覚MVを上映した。
ライヴの間に4D王視聴時間を15分間用意し、1日で計8回の上映を行った。
イベントレポートは こちら

活用の可能性

お客様のご要望に合わせてコンテンツを制作、上映できます。
観光案内、工場見学、音楽、防災教育、などなど、様々なの業態に合わせた活用が可能です。
また、今後は体験型のアトラクションとしての機能を付加できるサービスの開発を予定しております。

▶ 観光案内
▶施設紹介コンテンツ
▶体験型アトラクション
▶VR動画コンテンツアトラクション
▶工場見学ムービー
▶CM/プロモーション
▶VR音楽コンテンツ
▶防災教育