コンプライアンス

コンプライアンス
企業倫理

私たちは、企業が法と倫理にもとづく社会と共にあることを自覚し、法令の遵守と公正な社会的ルールの尊重を優先し、社会的役割を担い、高い倫理観を持って企業活動を行います。

この企業倫理綱領は、行動規範の下、公正な事業活動の推進のために、会社およびすべての役員・社員が遵守すべき事項を定めたものです。

  1. 公正な事業活動
    公正な競争を通じて事業活動を行い、誠治、行政および取引先などとは健全かつ正常な関係を維持します。
  2. 法令遵守
    法令を遵守し、社会規範、社会良識に基づいた事業活動を行います。
  3. 情報公開
    積極的かつ適時適切な情報開示に努め、事業活動の透明性を高めます。
  4. 情報の適切な管理
    会社の情報を適切に管理するとともに、社外から得た情報や第三者の知的財産権などの権利についても適切に管理します。
  5. 人権尊重
    基本的人権とプライバシーに配慮し、個人の人格と個性を尊重する健全な職場環境を提供します。
  6. 反社会勢力との対決
    市民社会の秩序や安全に脅威を与える反社会勢力および団体とは断固として対決し、不当、不法な要求には一切応じません。
  7. 海外の文化・習慣の尊重
    海外では、その国の法令および国際ルールを遵守するとともに、その国の文化・習慣を尊重した事業活動を行います。
  8. 綱領違反への対応
    この綱領に違反する事態が発生したときは、経営トップ自らが問題解決に当たり、原因究明、再発防止に当たります。